読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

他人への無礼は許せない伊野尾慧

ジャンプが興味の対象でなかった数年前。

jr.からの選りすぐり集団という認識のままだった。

 

人数多いし、プロ意識を感じていなかった。

それぞれを初めて認識した頃、声変わりすらしてなかった。

私の中にショタ感覚は一切無い。

強過ぎる母性本能は自覚する。

けれど、18才以下には母親感覚でしかない。

 

いのちゃんにハマって、アッという間の1カ月。

その間に理解した事は、今のジャニーズってちゃんとしてるなぁて事。

これだけデビュー組がいたら、浮き足立ってる場合じゃない。

 

CDデビューからの数年は不安定なグループだった。

そんな状況でいのちゃんは大学へ進学し、4年で卒業する。

無駄じゃない。選択肢を増やしたい。 

今俺が出来る事、自分で決めた事を、貫きたい。

辛かった事は話したくない。みんなを笑顔にしたい。

その姿が、環境を変えて行ったのだと思う。

ベイジャンプで大ちゃんと高木くんが話してた、卒業後のいのちゃんの変化。

2人の愛溢れたいのちゃん語りが、何度聴いても心地よい。

いのちゃんを好きになり、ジャンプも好きになって、更にどんどん好きになってゆくjumpメンバー達。

幸せな発見でもある。

 

いたジャンでのフリーなやり取りが大好きだ。

うっせーバーカ。土とどんぐり。オレが1番イケメンや。自分の気持ちが分からない。

何度も繰り返し見てしまう。

 

不器用な俺様☆山ちゃんとのやり取り。

マジ使えない!の矛先が自分の時はふわりと受け流し、笑いに転換できるのにね。 

その言葉や俺様な態度が他メンバーに向かった時の表情が、まさに伊野尾慧。

嫌な顔をしたり、なんでそういうこと言うの。とたしなめたり。

全然テキトーじゃない。

誰よりも、ちゃんとしたヒトなんだ。

そんないのちゃんがたまらなく好きなんだよなぁ。

 

まだまだ全然、私の知らない伊野尾慧があると思う。

知りたい。もっと知りたい。

誰か教えて下さい。