読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

伊野尾ちゃん、人たらし説

ついに買ってしまった…PERSONです。


翼ヲタだった頃。

月に4〜5冊は雑誌を買い込み、CDが出れば各パターン買うのは当たり前。

リアル友に会う時には、車の中で聞いてみて〜。

と、布教活動したりしてました。

部屋が翼に占領されて行き、実家を出た後も整理し切れず山積みの一角。

そんな、甘酸っぱい⁈苦い思い出もあり、いのちゃんへはまりつつある入り口で誓った事。

  ビジュアル萌えのために雑誌は買わない…。

セコい話。

だけでは無く、気持ちの歯止め。


今日はランチの約束の前に、横浜駅周辺の大型書店を回る事2軒。

売り切れで他の店舗からの取り寄せになると言われて意気消沈。

こんな気持ちでランチできないとばかりに、3軒目でようやくラスト1冊を確保。

良かった〜と呟く私に書店員さんが一言。

『今月の堂本さん特集、凄い人気ですよね』

確かに。私って、堂本さんでもギリギリ(アウト💧)ですよね。

我慢できず名前を指差し、こちら目当てなんですけどね(微笑)と応えておきました。

あくまで控え目に。

こうして恥ずかしさや、諸々の抵抗が無くなっていくのかな。


早めに終えたランチの後、一刻も早く読みたいが余り、上の空で特快に乗り間違い。

お陰で、何度も何度も繰り返し、いのちゃんの言葉に浸れました。

なんて冷静なんだろう。

画面で見るより、ラジオで聴くよりずっと聡明。

どんなトーンで話しているんだろう。

多弁では無く、無駄に笑わず、ライターさんへの回答に適当さは皆無。

  買って良かった!

ライターさんのフィルターを通して起こされた文字を通して知るいのちゃん。

取材テープを聞いてみたい。

謎多き伊野尾彗に近付きたい。


業界における 『伊野尾ちゃん、人たらし説』

たまたま巡り合わせ。運とかタイミング。

いてもいなくても正直よく分かんない立ち位置だった時から応援してくれたファン、気に掛けてくれてた先輩に応えたい。

しっかり実力を付けて、結果を出さなきゃ。

と言う割に、努力や苦労語りを嫌う姿勢が男らしい。

周りの色んなスタッフさんの意見を聞いて、自分の中に蓄積する。

大学時代の友達の話する時だけ、普通の25才。

想像できないことの方が楽しいと言い切る伊野尾彗。


ずーっと追っていきたい、素敵な人です。


あぁ。PERSONさんありがとう。

胸が熱くなるテキストの後のいのちゃんの顔。

大好きだ!