読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

伊野尾慧はKSKな造形

KSKの二段活用。

今回はJK活用→奇跡@ココ調でお願いします。 

奇跡と打ち、キセキに脳内変換後、今井翼が浮かぶ私。

あの頃の可憐な翼は、どこにいったのだろう…

すっぱめな気分で、伊野尾慧の奇跡を想う。


伊野尾慧のKSK(奇跡)


ふんわりしたコケティッシュな顔。

顔の形編。


JUMPはメンバーそれぞれ、違う魅力を持った綺麗な顔をしている。

面長、卵型、シャープな細めの顎。どの8人とっても綺麗な形の中、伊野尾慧の顔のラインが個性を放つ基礎になっている。

肩、腕、腰はどこも細く、薄く、儚くすらある。

一方顔はと言うと、今のマッシュと相まって、丸い印象が残る。

横顔で見ると彫刻の様に美しい造形であるのは明らかなのに、正面からみると何故か丸い印象。

厚めの前髪から下の顔面バランス、やや丸い顎が絶妙。

頬骨から口のラインの柔らかさが、良いのだ。

頭蓋骨と皮膚の間に、何が詰まっているのだろう。

脂肪でも筋肉でも無く、もっとキラキラした何か。

人って丸いものに惹かれません?

警戒心を持たせないと言うか、ドラえもん的な(違うか!)


フェミニン、コケティッシュ…伊野尾慧には女性を形容する言葉がよく似合う。

なのに!

照明の加減で現れる、割れ顎(ケツ顎)を知った時の衝撃。

パーツ1つ1つ見ると女の子より女の子♡な可愛いさなのに、唯一雄である主張が、そこにあった。

なんてこった…。

まこと、けしからん。


顔の形について考えていた事を覚書できて、ちょっとスッキリっす。


毎日動画巡りする中で、日によってリピートをする動画に波がある。

今朝発見し、気持ち悪いほどリピートしているのがコレ。

YouTubeで『可愛いを欲しがる伊野尾wwwwww』で検索。

不慣れなため貼り方知らず、そもそも無断リンクに抵抗が…自分不器用ですから。

V6の20周年コンサートのオーラスで指名により、JUMPを代表してお祝いの言葉を話すいのちゃん。

伊)いつも可愛い可愛い言ってくれてありがとうございます。ははは。

岡)欲しがるんじゃないよ!

伊)いや、今日照れてるのかなぁと思って。あんまり目見てくれないし。

岡)なんで照れるんだよ。おかしいだろう。照れるって何。(近づいてゆく)相変わらず可愛いなぁ〜。

伊)ありがとうございます。

これって、V6のライブDVDに収められてるのかな?

出会えた奇跡に感謝。

人たらしだね!全く。小悪魔万歳。

そんないのちゃんが大好きだ!


あぁ。明日はどんないのちゃんに会えるのだろう。