読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

肘の魔力

以前の私は、ジャニーズでもダンスを追求している人が好きでした。

今井翼のキレのある、一分の隙も与えないダンスこそ至高だと思っていた。

不器用な彼が、自己確立のためにダンスを追求する。

その過程で、歌にも力と艶を備えていく。

今とは全く違うスタンスで、応援していた。

 

ジャニーズは、ダンスこそ命であり肝である。

そんな私のジャニヲタ信条を覆したのは、伊野尾慧くん。

 

彼の中に、1番になりたいという気持ちは無い。

運動神経が悪いだとか、ダンスだって苦手とか平気で言ってしまう。

ありのままの自分を好きになって、JUMPも好きになって欲しいと話す。

ふわふわして、ゆったりして、飄々として、争いを嫌う伊野尾慧くんは、骨太な男だなぁと思う。

ルックスは女子より可愛いのにね。

そこが、途轍もなく愛しいのだ。

 

いのちゃんのダンスには、柔らかな肘に魔力が宿っている。  

それはきっと無自覚。

センスだとか癖に近いのかもしれない。

時としてズレたりするんだけど、個性の範疇。

指先から肘にかけての動きは、キュートで、優雅で、時に切ないほどのエロスがある。

肘から肩に掛けては、窮屈な動きがフェミニンであり、可愛いいと私は思っている。

いのちゃんのダンスがJUMPで1番!と本人もメンバーも思っていないよね、きっと。

でも、私にとっては無音でも楽しめるレベル。

技術だけではない、伝わる何か。

 

時を経て、人生が深まり、好みは変わるもんだなぁと自分でも思う。

好きなタレントの浮き沈みや葛藤にリンクするのはしんどい。

ギラギラ燃えるより、キラキラ輝くのを見せて欲しい。

楽しいことだけを共有しようとする伊野尾慧こそが、私には最高なのだ。

 

今日も無駄に熱い。

新規が、沸いててゴメンね。

要するに、いのちゃんが大好きってことなのです。