読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

登場人物、全員、容疑者@そして、誰もいなくなった

いよいよ『そして、誰もいなくなった』が始まりましたね。

BAR Kingのバーテンダー兼オーナーの日下瑛治。あぁ会いたかった。

テレビの前に正座し、レコーダー再生。

開始して直ぐ、この人怪しい。えっ今の表情なに?の連続。まさに【登場人物、全員、容疑者】

開始後40分でようやくBAR Kingに辿り着いた頃には、ぐっとストーリーに引き込まれていました。

藤原竜也さんのパワーが凄い。←伊野尾さんと同じ。


BAR Kingで待っていた日下瑛治は、26才の若さに底知れぬ闇が垣間見える表情が気になる美しきバーテンダー

日下のゆったりした動きとさり気ない会話が、忙しい新一の癒し空間を演出。

心許した年下のバーテンダーに裏切られるのか、味方になっていくのか。

エンディング近くでグラスをジップロックにしまう頃には、日下の眼差しの怪しさに動悸が。はぁはぁ。

ストーリーはまだ始まったばかり。

あのボイスチェンジャーの声…まさか⁈

暫くは容疑者推理と毎回の展開に夢中になる事でしょう。

「馬場さん、もう酔ってるんですかぁ」

あぁ言われたい、窘められたい。あんなに美しい指先でお酒を出されたら、男性でも酔うに違いない

猛毒の花粉を振りまく美しい花。日下瑛治はそんな男であって欲しい。

えっ…と絶句するストーリー展開を期待せずにいられない初回でした。


バラエティで巨大メロンパンを作っていた翌日、ミステリードラマで謎めいたバーテンダー役。

JUMPのいのちゃんと役者・伊野尾慧の振り幅に驚かされる。

ベテラン俳優の中で浮くことなく、若さと儚さと怪しさが表現されていて感無量。

良いお仕事に恵まれて、伸びしろ未知数な伊野尾慧くん。

春以降、巡ってきたチャンスをモノにし、必ず結果を残してきた仕事人ないのちゃん。

伊野尾慧はどこまで進化していくのか…。

夢中になれる幸せ。

まだまだ幸せな夏は始まったばかりです。