読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

そし誰のない週末の味気なさ

毎日伊野尾くんごとはあるものの、いよいよ瑛治くんに会えない週末がやってきました。

ロスを紛らわすためにライブDVDばかり見過ぎて、ちょっと飽きてきました。

そんな日々ですが、まだまだそし誰の余韻は続いています。

9/14の朝日新聞黒木瞳さんの連載”ひみつのHちゃん”にそし誰の犯人について書かれていました。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

放送が始まってから、こんなに”犯人はだれ?”と聞かれたドラマは珍しい。撮影前の本読みからストーリーは聞いていて『他の方々に決して犯人を言わないで下さいね』と前置きして犯人名を口にする凄腕プロデューサーには結構痺れた。その場にいた出演者関係者にまでにも本当は犯人を教えたくないのよというスタンスに、ドラマへの情熱を強く感じたものだ。✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

その瞬間その場はどんな空気で、役者として決して実績がある訳ではない役者・伊野尾慧へどんな視線、感情が向けられたのだろう。

いのちゃんはどんな気持ちでその言葉を受け取り、直後どんな言葉を発したんだろう。

とんでもないプレッシャーと期待の中で、日下瑛治を作り上げたいのちゃんにただただ感動した。


ファンが思う以上に業界から【伊野尾慧】への期待と評価が集まっている気がするし、いのちゃんも感じてると思う。

なのに、飄々とした表情、いたジャンでのテキトーさ、めざましテレビに感じる機転とかね、凄いなぁ。

そんないのちゃんが頼もしくて、眩しいよ!


この週末は北海道にJUMP愛が集結ですね。いいなぁ。

私も翼ファンだった頃、北海道は行っていました。翼友が集い、小樽にお寿司食べに行ったり、サッポロビール工場へジンギスカン食べに行ったり。楽しい思い出ばかりです。

北海道参戦の皆様に沢山幸せが降り注ぎますように!

私はスマホ握りしめて、散らばる宝石を集めたいと思います。


今晩はらじらーに知念くんゲストですね〜。

期待しかないです笑。

私は旅先で電波探しかもしれません…。とほほ〜。