読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

求められる被写体としての伊野尾慧@SPUR.ELLEgirl・・・

快進撃を続ける伊野尾慧くん。

いつも驚くのが、予想や期待を遥かに超えているところ。

バラエティ、ドラマは勿論ですが、最も【伊野尾慧の真骨頂であり独自】に感じるのが、被写体としての彼。

あの表情、ポーズ、ニュアンスはどこから溢れ出てくるのだろう。

SPURではハイブランドを気負わず、洋服のラインやメッセージを伝えること。

何を着ても、何を演じても○○な方も多い中、予想外な表情を魅せ、誌面”二度見”必須な伊野尾慧くん。

いつもニュートラルを保ち、カメラマンや企画の狙いを瞬時に理解し体現する伊野尾慧くん。

毎日予想を遥かに超えてるいく彼に打ちのめされる。

最近”いのちゃん可愛い〜”と思う瞬間より、凄いなぁ、格好良いなとの尊敬や感動が増してしまい、ますます『いのちゃん』と呼べなくなってきています。


昨年のHanakoの表紙以降、特に露出の増えた春以降、伊野尾慧の被写体としての価値、需要が目に見えて高まっていると感じます。

【マッシュでジェンダーレスな存在感を有する被写体】としての需要、出版が落ち着くまでは、今のマッシュはマイナーチェンジしか認められない気がします。事務所的にも出版業界的にも。

黒髪短髪も見たいけれど、現在の佇まいでまだまだ見ていない表情、表現を味わい尽くそうと気持ちが変わりつつあります。


らじらーでファンの過熱するツィートを横目に、目の前のゲストとの会話、理解に重きを置き『あぁ楽しかった!』を連発する、動じない男らしさは鮮やかだった。

ファンの気持ちは十分理解していると思うけど、過剰にリアクションしない【いのひか】は、大人で空気を読むアーティストだと胸熱してました。


昨日のやぶぺで『いのやぶ入所15周年』に触れてくれてましたね〜。

人に言われて気付き、思わず伊野尾にメールし、やぶぺで話してくれる薮くんが大好きだ。

『伊野尾も15年の歳月にビックリしてた』

薮くんありがとう。




色々あるけど、人気者は大変だね!





(追記)

と本気で思っているのに眠れない…。

伊野尾担やーめた。

とは一瞬も考えないし、傷付いてるいのちゃんの事ばかり気になっている。

木曜日のめざましで、モヤモヤ吹っ飛ばさせて…ね。