読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

私の中のいのりすぺくと@いのぺバンザイ!

伊野尾くんを好きになってからずっと、過去の映像や画像、記事を探し続けています。

アイドル誌はやはり美しいものも多いけれど、私服やグループの集合オフショットは本人も言ってたように、どこか垢抜けない。

本業はアイドルでありながら、4年で建築学科を卒業するのは過酷だったはず。

自己愛、美意識が無いわけでないけれど、優先順位は高くなかったんだろうなぁ。なんだか理系男子学生の”ソレ”も本当に愛しいと思う。

いわゆる伊野尾革命前のDVDやテレビ出演映像を見ていると、本人は言わないけど悔しくて辛かっただろうなぁと思う。今のようにグッズでの立ち位置や、歌割りで何かと話題になっていくまでの変化、過程をリアルタイムで見ていたかったなぁ。

高い意識を持って積んできたからこそ、年を重ねて失うはずの質感はむしろ高まり、力も抜けて若返ってる。やはりマッシュ効果は絶大だったなぁ。

だからこそ、事務所ゴリ推しや運、バブルなんて言葉は無縁だと思う。

現在の伊野尾慧くんは、賢いのにふんわり柔らかくて、可愛くてカッコ良くて、時にセクシーなハイスペックアイドル。

そんな事を延々考えている私って、本当に伊野尾くんが好きなんだなぁと思う。

私、いのりありずむに洗脳されて、いのりすぺくとしているいのらーです!←コレが言いたかった。笑


週末の伊ニャー慧のネット反響も大きかったですね。

二次元オタクの方のリアクションやイラストもいくつも目にしました。

猫耳肉球手袋、曲がった尻尾コスプレが求められ、本来のファン層、年齢性別を超えて好まれる26才のアイドル。

イノ調ではスタッフの要求と伊野尾くんのリアクションの相乗効果で作り込み方がどんどん凝っていく。

現在の伊野尾くんが掴んだポジションって、伊野尾くんだからこそだと思うのです。

あぁ今日も伊野尾くんが大好きです♡



13:30追記

Hey!Say!JUMPのカレンダー予約は今日〆切ですよ〜!

最近雑誌購入もできていない私ですが、慌てて今朝予約しましたσ^_^;