読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

大好きなんだ

カイリの『大好きなんだ』の言い方が大好きなんだ。

唐突ですが、昨日ピーチガールに行ってきました。

土曜日は子供達の通う小学校の運動会でした。夜は仲良し家族と打ち上げウチ飲みに誘われ盛り上がり、疲れを引きずった日曜日の朝。

パパと息子は義実家の日曜大工に早々と出掛けたので、娘に『ピーチガール観に行く?』と誘ったら『行きたかったの〜!』と大興奮٩(^‿^)۶

娘曰く、恋バナやちゃおが大好きな小5女子が観たい映画と話題になっているらしく、中には映画はまだ早いからと小説版を買ってもらっていたり、今日の代休にお母さんにピーチガールへ連れてって貰うお友達が何人かいるらしいのです。

決まれば即ネット予約。予約した際、意外と混んでるなぁと思いきや、上映30分前発券時に残席4だったから、満席だったかもしれません。

横浜ブルグ13は、先週のピーチガール仕様の壁面やパネルは撤去され、一回り小さいスクリーンに変更さてたけれど、ほぼ満席は凄いよね。

しゃべくり効果?ananポスターに墜とされ駆け込んだの?全国各地での満員報告がTLに溢れていて、公開2週目の盛り上がりが本当に嬉しくて、それだけで胸いっぱいになり、いざ3回目。

 

【山ちゃん担娘のピーチガール感想メモ】

・キスシーンの度、無言で胸キュン顔を私に向ける娘。

・中盤『いのちゃんちょっと変。本当に泣けるの?』と耳打ちした筈が、後半ずっと鼻をすすったりハンカチで涙拭いて感動してた。

・全員着席のままエンドロールも終わり、場内満足ムードの中、開口一番『いのちゃんかっこよかった〜。カイリって優しいね。』

・最後の海のシーンのいのちゃんがキレイだったね。

・いのちゃん、パティシエのシーンが一番好き!

・お祭りのももちゃん取り合うシーン。ちゃおにもめっちゃあるよ!(少女漫画ぽいよね)

・いのちゃんファンはずっと堪らないよね。出てくる役の中で一番可愛いかったもん!

・予告の大ちゃんの映画。怖過ぎるけど観てみたい気もする。(小学生は怖い話が大好物)

と、娘は胸キュン映画デビューに大満足のようでした。

帰り道、JUMPでカイリを演じるなら…と2人で話していたら『やっぱりいのちゃん以外考えられないね〜』と一言。嬉しかったなぁ。

上映後の館内は、3回目にして一番多幸感に溢れてた。 

近くに座っていた、満席で前後並びの男子学生も、JCもカップルも高揚した笑顔で分かち合い始めたり。

キャストのファンだけじゃなくて、番宣やポスターで興味を持って足を運んだ方々を満足させるカイリに、伊野尾くんに改めて拍手したい気持ちでした。

 

取り急ぎ、昨日のピーチガールメモ。

バタバタだけど、伊野尾くんのお陰で毎日本当に幸せ♡

愚痴や疑わしきはスルーし、happyだけを全力吸収。

自分らしいスタイル、スタンスで、ずっと長く応援していきたいと思える伊野尾くん。

 

 

 

真剣佑くん、めいちゃんが7月期ドラマで共演!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00024601-lmaga-ent

フジテレビ系なら、めざましテレビでコメント交流出来るかな⁈

いのマッケンがまだまだ見たいのよ〜^ ^

伊野尾くんらしいメンバー愛

伊野尾くんって外見は可愛らしくてジェンダーレスな印象が強いのに、中身は全くの男の子。いや男性と言うべきなのかな。

伊野尾くん自身の自己評価は相変わらず低くて、自分の外見だって親から貰った運、今だけって思ってる。

歌だってダンスだって、ジャニーズ一の実力でないのは確かだけれど、ファンの私にとっては唯一無二の魅力であるし、そのスキルがどんどん更新されているのは明らかで、生半可ではない努力と高い意識があるからこそだと、私はいつも思ってる。

ただ一生懸命な姿を見せることに照れや抵抗があって、絶対表には出さない。そんなところがをどうしようもないくらい愛しく感じる。

 

【伊野尾くんらしいメンバー愛】

JUMPメンバーを愛を持って応援しているファンなら、しゃべくり007での山田くんのコメントのまんま受け取って”伊野尾くんはグループ愛が無い”と感じる人はいないと思う。むしろ山田くんは伊野尾くんに構って欲しいんだなぁって可愛く思う。女子脳な山田くんからの男子脳な伊野尾くんへのツンデレ。やっぱり”いのやま”は最高だし、需要があるんですよね。

”ウチの山田”と言うときの甘さ。ツライいたジャンロケ(ビビり三銃士やハイカロパ)での二人を見ていたら『お互い大好き同士なんだろうなぁ』と思うよね。

前回の10000字インタビューでも山ちゃんは伊野尾くんを『あったかい人』と語ってくれてた。

中学生から大人の中でJUMPを背負ってきた山田くんのJUMP内側に向けた愛と、自分に出来ること、自分とJUMPにとって先につながることが行動基準な伊野尾くんの外向きな愛。

もうね。いたジャンで2人旅ロケとかすれば良いと思うよね。見たいよね。10周年だもの。

 

今月のMYOJO薮宏太10000字インタビューで『伊野尾はまだ注目されてない時、いつかJUMPに恩返ししたいと言ってたし、今もまだ足りて無いと思ってると思う』『メンバーが気にする事じゃ無いと何度言っても、大学時代俺のせいでグループのスケジュールが組めなくて皆んなに迷惑掛けた。ごめんといつも言ってた』と薮くんが話してくれた。

メンバー愛無ければ、こんな事言わないよ。

伊野尾くんは勿論自分自身の為に頑張ってはいるんだけど、二言目には『少しはJUMPに恩返し出来たかな』とか『山田に看板背負わせた』とか言ってる。

メンバーそれぞれ性格が違えば愛情表現も違うだけ。

いたジャン圭人1人ロケも、伊野尾くん身を乗り出してモニターを見て『優しさ出ちゃうんだよ』『さっきのあるから怖いよね』と、爆笑だけでは無い言葉が出てた。

光くんが総ツッコミ受けてる時も、1人だけにこにこ”光らしい”と笑ってる。

【孤月ロボット】のドラマ化が決まれば、いち早く原作を読み、ストーリーやドラマ化画像への感想と期待を”本人達に”伝える。

ツアー中疲れてる時だって、他メンバーは録画しているのに、伊野尾くんだけは金メダル男番宣の知念くんを当たり前にリアタイチェックしてたり。

”雄也の声やキャラ”の魅力の雑誌でのコメントなんか、何度読んだか分からない。

大ちゃんの事、いつもハッピーセット級に愛でてる。

裕翔には常にデレデレお兄ちゃん。マジレス発動してもふわりと笑顔でほめてる。

薮くんとは運命の同期特有わかりあってる感が厚いし。

全てひっくるめて。

伊野尾くんらしい深い愛情がメンバー発信で伝わる時、やっぱり”伊野尾慧”という人間が好きだなぁ。美しい心が美しい顔を作るんだと苦しくなる。

ジャニーズのタレントさんって大変だよね。

華やかな人気の裏で、注目、誘惑、誤解、色眼鏡、アンチと闘って、それでも高めていかなきゃいけない宿命を背負っているんだもの。 

【まっすぐ受け取って応援する】のがファンの喜び。

 

anan、SODA …【フォトジェニックな伊野尾慧】が出版業界を席巻してますね。(SODA は発売3日目で出版社在庫まで無くなったようですよ。まだの人は是非書店を回って確保して下さいね。間違い無いから。)

私も何度開いて、何度時間が止まったか分かりません。

ananの感想はまた今度。

あ。JUMPツアー申し込みました。当たるといいなぁ。

可愛らしくて頭のいいひと。

伊野尾くんのピーチガール番宣ラストは、ファン待望の”しゃべくり007”へ単独出演!

伊野尾くんのコロコロ変わる表情、打てば響く気取りや気負いの無い喋り。40代芸人7人全員に寄ってたかって可愛い連発されても、怯まず果敢に言葉を発する頭の良さや面白さと頑張りに、爆笑するやらハラハラするやらのあっという間の30分でした。

しゃべくりメンバーも『伊野尾くんにどこまで振って良いのか?』探り探りから、これはどう?これは無理?とのジャブに対しても予想を上回る返しにスタジオが沸いて、ネットでも『伊野尾くん 面白い』と大反響でしたね。予告での期待値軽々超えちゃった。

とにかく、返す言葉がどれもこれも面白くて、しゃべくりメンバーも楽しそうにしていて、嬉しかったなぁ。

【面白かった伊野尾くん天才的センス語録】

一発屋ジャニーズ

カワイイのはいまだけ。今はカワイイ

本当に仕事が無かった

ジャニーズ続かねぇな

ボクもびっくりしましたよ

『可愛らしいし、バラエティも面白い』へのキュン顔

(きのこ星)俺が一番キライなやつ

僕の心の違和感が凄い

絶対エース山田くんに”ちくしょうめ”連発させる罪

『スゴイ嬉しくて』と言った時、眉をふわっとあげる表情が大好きなんです、私。

 大物芸人7対1でも時々緊張や戸惑いを見せつつ、萎縮せず堂々とやり切った伊野尾くん。

いつの間にそんな度胸と話術を身につけたのー?とびっくりした。ここ1年の経験がしっかり身となり骨となってた。

容姿は可愛いのに、中身は全くの男な伊野尾くん。

最初と最後の深いお辞儀は勿論、目を見て応え、無礼にならないよう謝る姿勢に愛される理由を感じ、可愛いだけじゃ無い人間力に涙した。

行動や表情の振り幅、躊躇いの無さに無限の可能性を感じたしゃべくり007でした。

 

昨日のSODAに続き、今日はananが発売!

”電車中吊り広告の伊野尾慧”と昨日から話題でしたが、今からコンビニ買いに行ってくる!

今日はピーチガール2回目もあり、夜まで生きているのか心配です。

SODAの衝撃…再び

昨日のしゃべくり007の感想もまだ下書き中ですが、朝から買って来ました。

本日発売、SODA7月号

伊野尾慧くん表紙+インタビュー2P+グラビア10P掲載

本日発売だからネタバレも無し。

反響が大きかった前回のグラビアに負けない。との意気込みが込められたショットの数々。

テキストもこの数ヶ月ピーチガールにフォーカスされたインタビューが多かったから、違う”リアル”が新鮮で力強く感じました。

やっぱり私は伊野尾慧くんが好きです。

どんどんはまっていく…底無し沼のような”伊野尾慧の魅力”にただ溺れていたい。

 

あ、SODAを一刻も早く読みたいが余り、他誌のチェックを忘れてたことに今気付きました。

SODAの誘惑恐るべし。

演技する伊野尾慧。

伊野尾慧映画初主演【ピーチガール】観て来ました。

カイリに…やっと会えた。

強行突破したら日曜日の午前中の3時間なら1人時間を確保できると確信し、即ネット予約したのが金曜日。

昨日、朝からマッハで家事を済ませ、電動ママチャリをかっ飛ばし、18時間前まで伊野尾くんが舞台挨拶していたブルグ13横浜へ汗だくで飛び込みました。

パンフレットとジンジャーエールを購入し、高鳴る鼓動を抑えて着席。

周りはやはりJCJKが大半だけど、おじさん2人組や親子連れ、マダム達もチラホラいて、埋まり具合は2、3割ぐらいかなぁと見渡す。

ジャニーズ出演映画の予告が続き、ざわざわした館内に嫌な予感。

 

突然、peach girlが始まった。

スクリーンに大きく映る伊野尾くんを観た瞬間から夢中になった。

とにかく伊野尾くん演じるカイリに夢中だった。

周りの空気、幸せ、期待を常に意識しているところ、伊野尾くんと似てるね。

カイリは可愛い。ひたすら可愛いかった。

本当だ。ゆるく崩した語尾も、後半ももちゃんとの関係が深まると次第にクリアになっていく。

少女漫画原作だけに話の展開の早さへの戸惑いは、伊野尾くんの演技に導かれ、気にならなくなっていった。

後半、3回くらい涙がこみ上げた。

心配だった館内を息を呑むほどの集中が支配していた。

上映後は『キラキラした高校生の青春を演じる伊野尾くんを残してくれた作品ピーチガールへの愛おしさ』と『演技する伊野尾くんをもっともっと観たい』という思いで胸がいっぱいで、気を抜くと涙が込み上げていた。

あっと言う間の夢時間。

伊野尾くんを好きにならなければ、こんな行動しなかったな。こんな感動と興奮も忘れていたままだったよ、きっと。

水曜日にお友達と観に行く約束してるけれど、今日も観に行こうか…なと目論む夜明け前。

(8:10追記)

あぁ今日に限って息子が愚図り途中まで見送る羽目に。

ハッピーマンデー8:20上映回に間に合わなかったよ…。ピーチガール2回目は水曜日、伊野尾担友達と一緒に♡

 

今から15年ほど前の話。

深夜にフジテレビで、ジャニーズと劇団がタッグを組んで4話完結の低予算ドラマ『演技者。のちに劇団演技者。』が放送されていました。

私が住んでいた地域では放送されていなくて、今井翼くんの主演作をお友達にダビングして貰ったり、嵐や岡田くん主演作はジャニ友宅にお泊まりした際に見せて貰ったのを覚えています。

演技者。今思うと凄く冒険できる深夜ジャニーズドラマ枠だったんだなぁ。

今の20代ジャニーズでまた観たい。

そう、やっぱり演技する伊野尾くんをもっと観たいんだ。

役を考え悩んで解釈し、現場で相手役の演技と周りの求める姿を察知して昇華していく伊野尾くんの演技がもっと観たい。

Hey!Say!JUMPメンバーが『演技』を繋いでゆく。

そんな夢にまで発展していった、私的ピーチガール初日でした。

 

伊野尾くん、夢のような週末をありがとう。

ピーチガール公開初日おめでとうございます!

伊野尾慧初主演映画ピーチガール公開初日おめでとうございます‼︎

いよいよですね。

2016年3月初旬に解禁された伊野尾くんのお仕事。

メレンゲの気持ち初の男性MC決定

めざましテレビ木曜パーソナリティ決定

世間のインパクトは強烈でしたね。

新しいお仕事が続々決まり、取り巻く環境の変化やプレッシャーに戸惑う中、発表された…。

大人気少女漫画映画化ピーチガールにW主演決定!

先日、ピーチガール公開直前のインタビュー記事で『環境が変わっていく事に余裕が無くいっぱいいっぱいな中、自分とは別人格のカイリを演じることで助けられた』と語っていたのが、印象に残っています。

公開直前番宣のインタビューや雑誌記事も、全てを追いきれないほどの伊野尾くんの活躍。

本当に本当に凄い。素敵だなぁ。と感動しています。

 

いよいよあと数時間で公開初日初回上映ですね。

改めて。

伊野尾くん、神徳監督、キャスト、スタッフの皆様。

ピーチガール公開初日おめでとうございます🍑

心して観に行きます。

今からブログ打つ視界は、感動と興奮で潤んでいます。

私自身、公開直前になって俄かにバタバタして集中できていませんが、明日数時間1人時間作れるかもしれないという展開に…『映画館に行ってもいーの?おっ慧!』と自問自答して、ニヤニヤしています。

たーくさんの方がこの週末、5分に1度前のめりに胸キュンするのですね。

感無量…。

どうかピーチガールがヒットしますように。

5/24発売anan表紙に伊野尾慧再登場!

anan表紙キター♪───O(≧∇≦)O────♪

https://magazineworld.jp/anan/

NEXT ISSUEをクリックして確認してみてください。

5/24発売のanan表紙に半年ぶりに伊野尾くんが再登板!

【Under the sun】のテーマに期待しかない❣️

マガジンハウスさん。

今回は太陽の下で伊野尾慧をどう料理したのですか?

発売まであと8日…。

SODA発売直後のanan砲。

10日後、伊野尾担生きてるかしら? 

あぁ私は今日も幸せです。