きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

”見たい伊野尾慧”を求めたい

伊野尾くんって本当に凄いよねって常々思っています。

なにが凄いってそのお顔。目頭から広い二重幅、涙袋を備えた目とその目が発する表情や目線の配り方。質感最高な唇にシャープなのに柔らかいラインの顎、輪郭。とにかく顔が一級品なのに、身体のバランスがまた芸術的。美しい指、腕、肩のしなやかな動き、高過ぎない身長と頭身バランス。とにかく美しい造形美。

なのに中身はと言えば。偏らずジャニーズ以外も経験したいと一般高校で孤立した苦い思いを越え、明治大学建築学科に進学後も手を抜かずアイドルと両立し、理系学生としてごく真っ当な取組みを夢中にこなして4年で卒業し、自ら独自の活躍のフィールドを広げてきた。だからこそコメントに深みも出るし、悩み相談にも話を受け止め、自らの経験に基づいた別角度の考えを話すことができている。

その一方で、場に応じて可笑しいことやテキトー発言で和ませるという振り幅の広い内面。ふざける時は率先して振り切るところも愛おしい。いのぺの伊野尾語録は何度読み返しても面白いし、掴みどころがないようでいて、実に真っ直ぐ。ラジオでもMCでも伊野尾くんの仕切りによるストレスフリーな安心感とその存在感。

もう16年間競争現場にいるのに、誰に対しても興味を持ち、素直に感動し褒めることができるし、何より人を貶したり競争するのが苦手で、良いところを見つけるのが得意なところなんて涙出る。

久々回りくどく長々すみません。何が言いたいのか。

『盛り上がったとしても、伊野尾くんのキス芸はもう十分』ってこと

そんな「普通の感覚にない行為」で盛り上がらなくたって、魅力の引き出しも盛り上げる話術もあるんだよ。もしあれが伊野尾くんじゃなくて他のジャニーズ3人の誰かとして、私は○○美味しい!とは思わないし、スタジオが盛り上がってる心理だって『ご苦労さん』であって、『あんなキス私も俺もしたい!』ではないと思うから。台本があって、伊野尾くんも同意したからこその放送だとは思うけれど、【私が見たい伊野尾慧】ではないから、もう見たくないかな。【女の子みたいに可愛い子】のままでいいよ。企画ならキスできる子でなくていいし、アイドルってもっと近寄りがたい存在で良い。

伊野尾慧の唇を安売りしているのは誰?

そし誰の後、ドラマ出演が実現しないのは何故?

いたジャンだって、ピント外れなお茶の間思考に正直うんざり。(全部じゃない!素敵企画もあるんだよ)

…珍しく文句が止まらないほどネガティヴになっちゃった昨日の日テレ特番。分かった。私も『伊野尾くんが沢山見れて嬉しかった。ありがとうございます。でもキス企画はもういりません。』と丁寧に感謝と感想送ります。→https://www.ntv.co.jp/staff/goiken/form.html

本当に神様お願い。

期待に応えたい伊野尾くんを安売りする企画が今後はきませんように。そして近々伊野尾くんの演技、CMが見られますように…言霊万歳!

 

【14:00追記】

素敵なニュース!JUMPファンみんなでお祝いだー!

裕翔くん念願のベストジーニスト賞受賞おめでとう!!

 

Hey!Say!JUMP 結成10周年おめでとうございます!

f:id:alinco2016:20170924111427j:image

手を取り合って 思いを重ねて 幸せが続くように…

H.our time

ありがとう これまでの時を これからもこの先も

届くといいな この思いが 君の心に

 

Hey!Say!JUMP結成10周年おめでとうございます。

「好きになったタイミングはそれぞれ違うだろうけど、10周年の今を応援してくれてることを嬉しく思います。」

伊野尾くんがコンサート最後の挨拶で言ってくれる言葉がとても好きです。10年間ずっと応援してきた訳じゃないし、悔しかった思いは伝説みたいに現実味も薄いかもしれない。ファン歴やコンサート会場に来ることの出来ないファンを気遣ってくれる伊野尾くんや薮くん… JUMPメンバーと一緒に祝えることがとても嬉しいよ。

10年の時を越えて、20代半ばの9人がわちゃわちゃ仲良くいてくれる尊さ。

落ち込んだ時、困った時、嬉しい時…自分のことのように感情を共有するメンバーを見ていると時々ポロポロと涙が出ます。

人って日常ではなかなか涙を流すことは無くて、なのにJUMPを応援していると自然に感情を解放してくれる時があって『あ、応援されているのは自分の方なんだなぁ』と思います。

このタイミングでMYOJO10000字インタビューを読めることも、感情を揺さぶられて苦しくなる理由の一つ。皆んな一歩一歩確かに前進してくれてありがとう。

1日遅れたけれど、薮宏太くん、伊野尾慧くん16年前NHK709号室へ向かってくれてありがとう。アイドルという道を進み続け、JUMPの10年を共に表で裏で支え続けてくれてありがとう。『運命の人なんてフレーズ』なんだか軽く感じるくらい、16年前のやぶいのの入所が壮大なJUMPSTORYの始まりだったと思っています。

これからもファンの道標、彩り、エッセンス…そして希望であり続けて下さい。

改めて。結成10周年おめでとう。応援できる喜びをありがとう。

f:id:alinco2016:20170924111435j:image

 

 

愛されるヒトを愛でる幸せ。

横アリ関係者席は毎日毎日JUMPの共演者、関係者、同世代ジャニーズで盛況でしたね。

JUMPメンバー、そして伊野尾くんが愛されてるのを実感する時、この上ない幸せを感じるのです。

自担へ100%の愛情込めた礼賛しているblogやツィートを見て☆や♡を押すのと同じで、愛して褒めて甘やかす言葉を見ると本当に幸せです。

 

今日は一息ついて。めざましファミリー生田竜聖アナのblogにまた幸せ貰いました。

伊野尾くんは今日も愛されてるよ。メンバー、先輩、共演・関係者愛されている伊野尾くんを愛でる幸せ。

明日も沢山伊野尾くんの笑顔が見れますように…。

 

今日は1日中小学校のボランティアでへとへとだったけど、気持ちは完全復活。

伊野尾くん今日もいっぱいありがとう。

実在していた天使達【横アリ9/15感想メモ】

Hey!Say!JUMP I/Oth anniversary TOUR 横浜アリーナ初日9/15公演に行ってきました!

 f:id:alinco2016:20170917212923j:image

開演50分前に横アリ会場内に入った瞬間、懐かしさと12年ぶりでも変わらぬ空気感に、現実なのか夢なのか…ふわふわした気持ちで座席を探してようやく着席。座席は上手側アリーナ中段着席ブロック後ろ1列目。間近をメンバーが通ることは無いけれど、花道もメインステ、センステも視野良好で興奮高まる。

横アリ初日だから⁈パラパラなJUMPコールのまま定刻開演。映像が始まり、あぁメンバーはもうスタンバイしているのかと思うと「現実味を無くしてる♪」なほどの浮遊感。

UMPからビバナイ位までは『伊野尾くん動いてる!身体やっぱり薄い!指!手!なんて美しいの〜!!!姿勢良くなって背伸びてる⁈ 花道移動あるから意外に皆んな踊らないんだ。』と無秩序な思考のまま、伊野尾くんのリアル求めて双眼鏡で一瞬も逃がすまいと追い続けました。

途中漠然と感じたのが、これだけのファン(大半が異性)に追われて恐怖を感じないのかな?ってことと、ファンがアイドルに対しての要求の変化に時の流れを感じたりした。昔から名前や”おめでとう”や”大好き♡”等メッセージの手作りうちわはあったけど、余りにもファンサ要求系うちわはが多過ぎて、構ってちゃんの多さにびっくりしました。そんな中、子供や知り合いは別としてブロック全体を見渡して、満遍なくずっとお手振りしている伊野尾くんこそが本来のファンサであり、花道を手を振りながらキラキラ笑顔やフェロモン撒き散らして歩いているだけで神々しいファンサだと、私は思いました。

MCは今までの地方版とは異なり、横アリJUMP結成回顧や関係者アピールの宣伝があるものの、今までもコンレポで読んできたとおり知念くん⇄伊野尾くんのアイコンタクトや雄也の耳打ちとか…本当におジャンプちゃん達仲良し〜とじわじわ嬉しかったです。私のブロックからは伊野尾くんの後ろ姿しか見えなかったけれど、大好きな肩のラインが堪能できて、ようやく全体が見れた感じでした。

MC明けは待ちに待った”ガシガシ踊るJUMP”に急にリアルが高まる。ヴァンパイア→OTT→I/O辺りでぷるぷる震えるくらい大好きな伊野尾くんのダンスに夢中に。特にI/Oの何度となくジャケットを掴む指、肩、腰の流れに視界が潤みました。生きていて良かった♡やはり翼くんから始まったジャニヲタですもの、自分は踊り子担だと再確認。私は”伊野尾慧のダンス担”です。

後半に差し掛かった辺りから時の感覚が麻痺し、ありきたりだけれど時間よ止まれ!と本気で祈る位の切なさを抱えて双眼鏡で伊野尾くんを追い続ける余り、とりんとりんや大ちゃんが目の前を通過してから気付いたり、自分の余裕の無さにしょんぼり。

良きいのありは目撃出来なかったけれど、アンコールの肩出し伊野尾くんは儚く美しく高貴な人がだった。

あぁぁぁぁー!目が足りない。伊野尾くんから目を離せないのに9人のフォーメーションやメンバーわちゃわちゃも見たい。また行きたい。とにかくおジャンプちゃんは天使集団!を実感した夢のような2時間半でした。

 

初のJUMPコン。メモもなければ、上手サイドからだからフォーメーションはさっぱり見れず、時系列なコンレポは到底無理なので、自分の感想記録をメモ。

・コンサート当日は、やっぱりファン層がとても若くて皆んな可愛くて全力でオシャレしていて、本当に可愛かった。双子コーデいっぱい見たよ。

・衣装は7パターン。白→BESTコーナー短パンランドセルコスプレイヤー→青×黒ストライプ→メンカラデニム→黒→ゴールド(会見)→ツアーT

・どんな曲でも伊野尾くんの繊細でセクシーな指先の動き。天性⁈確信的⁈どっちにしても天才。

・階段メドレーが強烈に素敵!本当に素敵!ここ帝劇?と思う、それまでとは違った高まりがあった。

・伊野尾くんスタイル最高。足長い。お尻小さくて薄い。そしてコンサート中もふんわりした表情、ダンスの時のセクシーな目時の口元がたまりません。

・知念くんの伊野尾くんを見つめる表情。びっしり密集して長い睫毛に縁取られたあの目、あの表情は好き(likeでなくLOVE)にならずにいられない。

・雄也と伊野尾くん。耳打ち、アイコンタクトも多くてFrom然り。もっともっといのたか下さい。

・雄也が本当に本当にカッコよかったー。ラストのお手振り、花道から下りて私達のブロック着ブロ最前に握手しにきていた姿…イケないお兄さんの紫な魅力にゾクゾクした。本当大好き!

・Aブロ前花道によく来てくれた薮くん。くしゃくしゃ笑顔がとんでもなく可愛かった。手の振り方もめちゃくちゃ可愛いかったなぁ。私内急上昇中。

・番組や雑誌によって見え方が違い実物感を楽しみにしてた光くんは最後にきてくれた。ブロック全体にちょっとずつ目線配りながらのお手振り。可愛くてかっこよかったなぁ。

・その他の5人があっ本物だ!としか印象残らなかったのは、やっぱり恋い焦がれていた伊野尾くんが無敵に素敵で目が離せなかったことと、やっぱりBESTが好きなんだなぁと実感。BESTコンがいつか実現しますように…。

 

初めてのJUMPコン…想像を遥かに超えた夢のような天国でした。

美しくて可愛くてフェロモンを放出した9人の天使と同じ空間にいて、2時間半ノンストップでその姿を追い続けた幸せの余り、いい大人が言葉を失い、語彙の少なさを嘆いてばかりで、1日半かけてもまとまらないアニバコンロスにひたったまま…一旦更新٩( 'ω' )و

後からちまちま追記修正したいと思います。中身の薄い感想でしたが、読んでくださった方ありがとうございました。

最後に。チケット当ててくれたKちゃん。blogとTwitterで繋がったMちゃん。素敵な時間をありがとう^  ^

あー生きてて良かった♡と送りっぱなしの友へ感想続きを送りたいと思います。いや報告会したいな。聞いてね。

ぷぅに癒されて@横アリプレ販に行って来ました

【Hey!Say!JUMP I/O anniversary TOUR】行って来ました〜!横浜アリーナグッズプレ販売に。

いまだJUMPコン未参戦の私。ツアーグッズはいつも行けない私を気遣ってくれるお友達が声掛けしてくれて、幸いにも入手してきました。今回もキラキラした各地のコンレポお裾分けと共にグッズ代行も声掛けして貰っていたのだけど、約12年ぶりのジャニーズ現場復帰←を前にリハビリしなきゃという意気込みと、仲良しだからっていつもいつも甘えていてはいけない。と思い、勇んで行ってきました。

横浜在住なので、横アリ周辺はまぁまぁ来ていたけれど、横アリの中に入るのは12年前のドリカム以来。グッズ販売に長時間並ぶのは2005年の日産スタジアムSMAPコン以来。高鳴る胸を抑えて販売開始1時間半前に横アリ到着。

おばちゃん並んで大丈夫⁈とのビビリも杞憂で、意外とおばちゃんもいる〜と一安心。ラッキーなことにコンサートチケットを当ててくれたお友達も一緒にプレ販も並べて、ネガティヴ要素を完全消去。到着した時には数百人はいたけど想定内な混み具合。

1時間半の待ち時間は、延々コンサートへの意気込みや伊野尾くんの次の仕事への要望願望、9ぷぅをどの子買うのかを話していたら、あっという間に販売開始。

午前中のプレ販だけあって中高生は皆無だけどやはり〜20代がメイン。若いお嬢さんも皆んなたーくさんグッズ買うんですね。ちょっとびっくりしました。

プレ販会場は横アリの正面玄関から遠く離れた建物裏側入り口から入り、売り場は3ブースに分かれていて、1番手前でパンフ、ポスター、フォトセット、フォトフレーム。真ん中で団扇とクリアファイル。最後のブースにいました!1番楽しみにしていた【9ぷぅ】やペンライトが販売されていました。

私が購入したのは、ツアーパンフ・フォトセット+クリアファイル(伊野尾慧、集合)、フェイスタオル、うちわ(伊野尾慧)、ペンライト、ぷぅは結局【いのてり+ゆうやせーばぁ】で合計11,600円。

驚いたのが、やっぱりの山ちゃん人気。グッズは圧倒的に山ちゃんが売れていて、準備している量も全然違うんですね。伊野尾くんのブルーやピンクの衣装も沢山目に入りました。あとやぶひかセット買いをよく目にして、ほっこりにっこり。

実物を目にしてグッズで1番驚いたのは、9ぷぅマスコットの可愛さ大きさ売れ方にびっくりΣ('◉⌓◉’)紙袋ぱんぱんにぷぅを買い込んで行く方々を羨望の眼差しで眺めつつ会場を後にしたのは販売開始30分後でした。スタート直後だから結構な会計列だったけれど、各ブース10人以上売り子さんがいたので、やっぱりプレ販はスムーズ良い。

しがない主婦な私は涙を飲んで、いのてり+一つと決めて、ゆうやせーばぁ、だいきんぐ、さぼねんで迷いに迷ってゆうやせーばぁをセレクト。うーん。大満足。

 

初めては一度きりです。

いよいよ明日、1年半恋い焦がれた実物の伊野尾慧くんを見に行けます。

正直、自力は落選だったり、外れた方も多いので手放しで歓喜するのも憚れますが、許してね。

初めてのJUMPコンなのにMAX体重で迎える明日。横アリで追加公演の発表があれば【追加公演への道】よろしく、伊野尾くんの筋トレに負けないようダイエットしようと誓って昨日のランチはサラダランチにしてみましたが、帰宅後食べた食べた笑。

雄也さん、サラダ+糖質制限ダイエットは辛いね。

 

そんなこんななプレ販報告でした。

f:id:alinco2016:20170914101737j:image

腹筋は割とある方(えーっ?)

ご無沙汰してます。はい、元気です。

先日いのぺが更新され、無事に9月を迎えることが出来ました。夏の思い出ですか?子供達のフォローとコンレポを追うこと。それから海で花火をしたこと!(笑)くらいです。やっと終わった夏休み。

毎日いっぱいいっぱいでしたが、伊野尾くん、そしてJUMPの事はしっかり追ってましたよ。3週間以上ブログを放置したのは初めてで、なのにアクセス数を見る度に私の馬鹿馬鹿〜と怖くなってました。本当にスミマセン。

そんな夏休みもinputはたーくさんしてました。

雑誌もJUMPだけは結構読み込みました。と言うのも、御存知の通り”伊野尾慧信者”の私は普段雑誌を買っても、伊野尾くんは以外はファイリングして終了なことが殆ど。でもね、この夏は10周年だから、メンバーそれぞれがメンバーとの関係性や感情を語っていて読まずにはいられなかったのです。10000字インタビューはどのメンバーもぐっと考え込む内容で、早く残った光くん、山ちゃん、裕翔、圭人も読みたい!とばかりに10000字インタビューだけ別ファイルにして何度も何度も読んでいます。

どのインタビューでもメンバーの変化を聞かれると異口同音で【本質は変わらない。良いとこ、可愛いとこは俺(ら)はずっと前から分かってたから】なところが本当に好きだなとキュンキュンしています。

思うんだ。元々キラキラした9つの石が、成長や経験を重ねて、予想以上に沢山のカットが入り、眩しい宝石みたいになってきたのがJUMPだって。

結成まもなくからずっとJUMPの看板だった山田くんの葛藤も彼の言葉で理解し、その責任感と驕らず努力することが彼の人間離れした美しさに繋がってると思う。

知念くんは後追いで映像やテキストを追ってきて、逞しく男っぽい大人になったなぁと思う。意外にリアリストでいて、伊野尾くんへの甘え方、あしらい方が好き。

裕翔は学生時代周りに気を遣わせた分、今はとにかく気配り盛り上げをする機転や爆発力に感動するばかり。破顔したJUMPショットを見る度、裕翔が盛り上げてくれたんだろうなぁ〜と思ってる。

圭人…あぁ圭人。夏休み何度いたジャンスライダーシリーズを見ただろう。邪気の無い天使の様な圭人が随分元気をくれたよ。

大ちゃん。この夏JUMPの主役だった。本当に底知れず。黒目がちな目が色んな輝き方していたね。改めて、JUMPの無限の可能性感じました。

雄也。あー可愛い。誰がバク転にトライすると思った?ヤンチャだって、いたジャンだって、ホットないのたか話だとか雄也に夢中だった。(伊野尾くんの次に)

光くん。昔のやんちゃなのに甘えん坊口調だった光くんはファンに対しても悪役になれる強さを見せてくれる漢な人。正直、いのちねやまあたりが同様なこと言っちゃったらもっと鋭かったかも。柔らかい口調、何でも器用にこなせるのに番組やメンバーの盛り上がりの為なら平気で弄られてる。時々ソレはどーよと私でも思う弄りもへっちゃらなとこ格好良いと思う。

薮くん。今年はスタイルオバケが沢山見れて嬉しい。ますます最年長としての思考や行動が頼もしい。あとね。伊野尾くんにツンな薮くんが雑誌で戦友だとか運の良い人に選んでくれたのが嬉しかった。

この夏もいーっぱいJUMPに、めざましの伊野尾くんに、新体操にチャレンジするメレンゲの伊野尾くんに元気を貰いました。

あ、早朝は【そして誰もいなくなった】の瑛司をよく見てました。アレから1年。あー伊野尾くんの次の演技をずっとずっと待ってます。

 

1週間以上かけて、夏休み振り返りのブログ下書きをダラダラ書いていたら寂しいニュース。

 

タッキー&翼がユニット活動休止を発表。

20年位前かな。カルピスnudeのCMで怪談トリオだったはずの翼くんの細く薄い身体から発する儚さ脆さを見たとき、ジャニヲタが産まれた瞬間でした。

Jr.コン、ドームコン、台湾ツアー、全国のスクリーンでデビュー発表、デビュー会見人文字、デビュードームコン、翼魂…並行してSHOCK。楽しかった。若かった私は馬車馬のように働き、翼を自由に追うことを満喫していた。素晴らしく楽しかった時間は今でもキラキラしているし、今井翼の道はまだまだ続いていく。苦悩しているのか、自分で選択した道を前に清々しい気持ちなのか分からない。憶測で怒ったり悲しんだりする非生産な感情、時間は無くて…。20年という時の流れに感情が沈む感じがしています。

出産を機に10年お茶の間だったから、正直翼は初恋の遠い思い出。初恋の人だからこそ無条件に応援したいし、静かに翼くんの未来を見届けたいです。

 

3週間ぶりの更新なのに支離滅裂な内容となりました。タイトル【伊野尾くんの腹筋ある発言】はスルーのままですが、下書きに保存しちゃうと更新出来なくなるので、敢えて読み返さず勢いで更新。

 

実は、初めてのJUMPコンまであと10日となりました。

このトキメキ止めて?

ピーチガールBlu-ray発売まで、あと1ヶ月半!)

JUMP10周年に躍る夏【我I NEED YOU】

Hey!Say!JUMP I/Oth AnniversaryTour 2017が明日8/11からスタート!

気付けば、今日午後にはプレ販でツアーグッズのビジュアルが解禁じゃないですかー!

10周年anniversaryだし、どんなデザインになっているのか?グッズ写真も気になるけれど、グループ毎に差別化が加速しているペンライトやフォトフレーム、それから9体のマスコットもとっても楽しみです。いっそのこと孤食ロボットの岩岡ヒサエ先生デザインのアンドロイドなら…複数体買うのになぁ。ムッツリ笑とヤンチャ。それからムジャキも!なんて。

明日は10周年ツアー初日。とうとうドーム追加公演の発表も無いまま初日を迎えたことに驚きですが、去年から一緒に10周年のお祝いを楽しみにしてきて、あっと言う間の様な、長かった様な…言葉にし難い気持ちです。

10年以上メンバーやJUMPを応援してきた古参さん、それからここ数年の新規ファンだって、深さや歴史が違っても嬉しいのは同じ。正直【非公式Hey!Say!JUMP楽曲大賞】を見ていても、いいなぁ〜その現場に行けた方。だとか、初期の曲名にピンとこなくで検索再生して大きく頷いたり、改めて10周年の歩みの重さを嬉しく切なく感じています。でもね結局、私なりのタイミングだけれど、伊野尾くんをJUMPを深く知ることができて良かったなぁと思うこの頃。だって本当毎日楽しいんです!

夏休みで子供達のケアだったり、ブログも開設から1年以上が過ぎ、毎日の様に情熱的にブログ更新されてる方々が眩しかったり、昨日から里帰りしていたり…そんなこんなでブログの更新が滞っていますが、伊野尾くんへの愛や関心は深まるばかりです。以前のようにがっつきはしなくなったものの、伊野尾慧10000字インタビュー、WUベスト会、10周年に寄せた各メンバー間のコメント、それからドル誌の脱力美麗な伊野尾キュン←ビジュアルを見たくて雑誌切り抜きファイルを延々読み込んだり、やっぱり”演じる伊野尾慧”が恋しくて、そし誰BOXを出してきて、藤原さんとの対談や最終回までの3回を狂おしく見入っていたり…そんな夏休みですが、やはり1番盛り上がったのは2週にわたり出演したミュージックステーションでした。

特に2週目の10周年メドレーにMステの愛も感じたし、アンケート企画→49万通の回答→上位5曲メドレーの流れが『10周年を祝われるのにふさわしいグループになったんだなぁ』と感慨深いやら誇らしいやら、お前さん一体誰目線⁈なほど感動し、延々止まらないリピを繰り返す5日間でした。

ミュージックステーションファン投票結果】
5位 ウィークエンダー → やっぱりですね。
4位 Give Me Love → えーっ!名曲だけどここ?
3位 瞳のスクリーン → 見たい見たい!
2位 AinoArika → 大好き!久々ダンスver見れるのね。
1位 我 I Need You → 車魂C&Rギター。゚(゚´ω`゚)゚。

そんなテンションで発表を受け止めた5曲メドレー。

JUMPメンバーの可愛さがギュッと詰め込まれた【我 I NEED YOU】が地上波で放送された驚きと歓喜にここ最近1番の興奮でした。メンバーもファンと一体化するパフォーマンスに『その唇奪っちゃっていーですか?』→『いーですよ』のC&Rの楽しさ。これぞJUMP。余りの楽しさに『私も大きくなったらミュージックステーションの番協に行きたい』と娘(11)に新たな夢が加わりました(もっと違う夢持とうよ。と答えた母1人)。

 

下書きを寄せ集めたブログになりましたが。

実は…。先日簡易書留が我が家にやって来ました。そうナンデス。ラチェスカのQUOカードが当たりました。びっくり嬉しいサプライズ。こういうの初めてちゃんと応募しました。

これを機に、感想やお礼メール、プレゼント企画、アンケートなど、これからはこまめに送ろうと改めて誓い、10日ぶりのブログ更新を締めたいと思います。

 

いや、最後にこれが言いたかった。

中島裕翔くん!24才お誕生日おめでとうございます!

伸びやかで大きなダンスが魅力のライブパフォーマンス

メンバーを盛り上げ上手な気配り。

裕翔くんのカメラとコメント無しには成立しない”いのあり劇場”のプロヂュース。

裕翔くんの”破壊的”なまでのスタイリッシュな美しさ。

真っ直ぐだったり、艶っぽくも変化する歌声。

JUMPの役者部門を牽引する演技。

いつも思ってる。裕翔くんがJUMPにいて良かったと。まだ24才なんだね。お誕生日おめでとうございます。

それから、伊野尾くんをいつもお兄ちゃん気分にさせてくれてありがとう。

 

毎日暑いですね。皆様どうかご自愛下さい。

明日から始まる 10周年ライブツアーに盛り上がる暑い夏をご一緒できれば嬉しいです!