読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこ狩り

もし100万回君に「アイシテル」を届けても

優越感は感じない

伊野尾慧に堕ちる入り口は、やっぱり柔らかい雰囲気と可愛い顔。

Hanakoの表紙を見てからは、頭の中から離れなくなっていった。

ジャニーズ特有の中性的な美しい顔立ちだけれど、どこか特別な感じがした。


いのちゃんは顔を褒められると、素直に嬉しそうに笑う。

そして、親に感謝。だとか、親が喜びます。と答える。

かっこいい、可愛い、スタイルが良いというのは運でしかない。

選択できる運なんてないから、努力して得られたものは別にして、現在の自分があるのは運のお陰だと思う。と答える。


俺が一番イケメンや。

自分大好き。

自分が一番かっこいいと思う。

言葉通りに受け取ると、ナルシストにも受け取ることもできる。

それも、しっかり自分を客観視しているからこそ。


そんなところも大好き!


だからか、髪型、ファッションもどこか他人任せ。

勘違いすることの無い、芯を感じる。

運の良さに頼ること無く努力し、結果を残してJUMPや周りの先輩、スタッフに返してゆきたい。と繰り返す。


周りの同世代と比べて特殊な仕事とは思う。でも芸能人だからって、優越感を感じる事は無い。どんな仕事でも大変さはあるから。


JUMP内や業界だけでなく、学生時代の友人や色んな人と付き合う事で、0ゼロに戻る時を作る。


だからメンバーから見ても、いのちゃんはずっと変わらない。


本当、芯の通った男前です。

いのちゃんを見つけられて良かった。

今日も幸せを噛み締める。


いのちゃんのお誕生日まであと2日。

Special weekのスタートです。

楽しい1週間になる予感でいっぱいだ!